風力発電のメリットを知る価値がある|賢く現代を生き抜くコツ

男性

電気をコントロールする

メンズ

家庭用蓄電池の小型化により、大阪などの住宅密集地でも導入する家庭が増えています。日照時間の多いエリアでは太陽光発電との組み合わせが多いです。家庭用蓄電池に夜間の電気料金の安い時間帯の電気を蓄えることで、太陽光発電で得た電気の売電量をアップさせることができます。

詳しくはこちら

売電に優位性がある発電

作業員

発電の仕組み等

風力発電とは、風の力を利用して風車を回し、風車の回転運動を発電機に伝えて電気を起こすことをいいます。発電された電気は風車の塔体を通り変圧器で昇圧されて送電線を通って送られます。大規模な施設が多いため個人で住宅や敷地に設置するのは困難ではないかと思われがちですが、個人で設置した上で売電することも可能です。風力発電の原理からして風が吹かない場所では機能しませんが、逆に吹く場所であれば設置可能です。機器を整備すれば家庭で使用する電力としても活用できます。この風力発電のメリットですが、まず太陽光発電と比較した場合、風が吹いてくれさえすれば昼夜を問わず発電し続ける点です。自然エネルギーであっても常に発電できる点で大きな優位性があります。

売電単価等の優位性

次に考えられるメリットは売電単価です。風力発電も余剰電力を売電することが可能ですが、この売電単価を比較したときに太陽光発電で家庭用である10キロワット未満の場合については30円程度という単価であるのに対し、風力発電では家庭で設置するであろう20キロワット以下の場合は55円という単価で圧倒的に風力発電の方にメリットがあります。しかも、太陽光発電はその買取価格の保証期間が10年であるのに対して風力発電は当該保証期間が20年ということになっています。買取単価保証期間についても風力発電の方が圧倒的にメリットがあります。土地活用等の投資という視点で考えてみた場合、自然エネルギー売電は家賃が保証されたき部屋がないアパート経営のようなもので、その期間が風力発電の方が圧倒的に有利な条件となる投資といえるでしょう。

家庭でできる発電システム

太陽光発電

家庭でも太陽光発電システムを取り入れれば毎月の電気代を抑えることができます。余った電気はそのまま売ることもできるためおすすめです。神戸でも各業者、使用するパネルのメーカーによって初期費用が異なるため、事前のチェックは欠かせません。

詳しくはこちら

太陽の光を使った発電

一軒家

燃料を使わず排気ガスも発生させない太陽光発電は、地球に優しい発電システムとして注目されています。これを自宅の屋根などに設置すれば、地球環境を守りながら、電気料金を安くすることが可能となります。ただし日当たりの良さによって発電量は異なってきます。また、発電量を保つためのメンテナンスも必要となります。

詳しくはこちら